敏感肌でも使える美白化粧水のポイント!

敏感肌でも使える美白化粧水

よく一緒に読まれるページ

美白化粧水のおすすめランキング

敏感肌でも大丈夫な美白化粧水選び

美白化粧水を色々試してみたいけれど、敏感肌だと新しい化粧水に手を出すのに躊躇してしまいますよね。

 

そこで、敏感肌でも安心して使える美白化粧水のポイントを押さえてみました。

 

1.「保湿成分が高いものを選ぶ」

敏感肌は、乾燥などによって肌のバリア機能が低下して外部からの刺激を受けやすい状態になっています。

 

乾燥を防ぎ、肌を保湿する事で肌トラブルを未然に予防することが可能です。

 

保湿性が高い成分として、ヒト型セラミドヒアルロン酸レシチンなどが配合されている美白化粧水がオススメです。

 

2.「アルコールフリーを選ぶ」

エタノールと表記されているものはアルコールです。

 

アルコールは毛穴の収れん作用があり、清涼感のある使い心地で素肌の殺菌等にも役立ってくれますが、敏感肌の場合アルコールが入っている美白化粧水は避けた方が無難です。

 

アルコールは揮発性があり、肌につけた瞬間から肌の熱と水分を奪っていきます。

 

この結果、肌の乾燥をまねいてしまうのです。

 

3.「防腐剤、紫外線吸収剤、香料、などの添加物が極力入っていない刺激性の低いものを選ぶ」

パラベン安息香酸と表記されている成分は防腐剤です。

 

これらの防腐剤は刺激性があり敏感肌の場合アレルギーを引き起こす可能性があります。

 

また、紫外線吸収剤には紫外線をカットする強力な力がありますが、肌の上で紫外線を吸収し化学反応を起こすことから肌への負担も大きいとされています。

 

人工香料を始め、ハーブ等の天然成分であっても敏感肌の場合肌に刺激を与えてしまう可能性があるので避けた方が良いでしょう。

 

4.「成分がシンプルなものを選ぶ」

敏感肌の場合、成分がシンプルな美白化粧水を選ぶことによって、様々な成分から作られているものより肌トラブルを起こすリスクを下げることができます。

 

万が一肌に合わなかったとしても、どの成分が原因だったのか見つけやすくなるので今後の化粧水選びに繋がります。

 

5.「弱酸性のものを選ぶ」

健康な人の肌は弱酸性であることから、使用しても刺激が少ないという理由で弱酸性の美白化粧水があげられます。

 

洗顔後は肌が一気にアルカリ性へと傾くので、それを迅速に弱酸性に導く為にも肌に優しく刺激の少ない弱酸性の化粧水を選ぶべきです。

 

注意点

ここで注意する点として、美白化粧水に含まれている美白成分です。

 

ハイドロキノンは、非常に高い美白効果をもたらしてくれますがかなり刺激が強く敏感肌には不向きです。

 

無理に使用をすると肌が赤く爛れたり、白斑ができてしまったりと、取り返しのつかない異変が起きてしまうかもしれません。

 

敏感肌でも使える美白化粧水をまとめると、保湿性が高く極力添加物が含まれていない肌に優しい弱酸性の低刺激なものが理想です。

 

成分表記をしっかりとチェックすることも忘れてはいけません。

 

美白化粧水を購入する際の参考にしていただければ幸いです。

 

よく一緒に読まれるページ

美白化粧水のおすすめランキング