美白化粧水は薬用を使うべきなのか?

美白化粧水は薬用を使うべきなのか

よく一緒に読まれるページ

美白化粧水のおすすめランキング

薬用の美白化粧水が良い?

美白化粧水を購入する時に薬用と表記されているものと、されていないものがあります。

 

この違いは一体どこにあるのでしょうか?

 

また、美白化粧水を買う際は薬用を選ぶべきなのでしょうか?

 

薬用は医薬部外品

まず、薬用と表記されている化粧水は厚生労働省から許可を得た肌に対する有効成分が含まれていることを示し、医薬部外品と表記されます。

 

医薬部外品は、医薬品よりも効果は緩やかですが、トラブルの元となる症状を予防する作用があります。

 

医薬部外品の化粧水は効果と効能を記載することができ、国から許可を得たということで化粧水に配合されている全成分を書き記さなくても良いことになっています。

 

敏感肌の場合、記載されていない成分が肌に合わないこともあるので、使用の際には注意しなくてはいけないことを理解しておきましょう。

 

表記なしの美白化粧水

これに対して薬用の表記がない化粧水は、特に予防したい様々な症状への効果を謳うことが出来ません。

 

薬用の化粧水なら医薬品と同じ成分を配合できますが、その有効成分は国により量が定められています。

 

そのため、医薬部外品は医薬品よりも有効成分の配合量がかなり抑えられています。

 

劇的な効果は期待できません。

 

しかし、それがかえって刺激が少なく穏やかな効き目となり肌に作用してくれるので、使う人を選ばないのもメリットとなります。

 

目的があるのなら薬用を使おう!

肌のシミやくすみを防ぎたいなど、しっかりとした目的がある場合は、その悩みに特化した成分を含む薬用の美白化粧水を使うことを強くオススメします。

 

薬用の美白化粧水には、シミを予防したりくすみを防ぐと国から認められた成分が含まれている為、今悩んでいる美白に対する悩みに高い効果が期待できるのです。

 

医薬品は肌のトラブルを「治す」作用がありますが、効果が高い反面その副作用も懸念されます。

 

医薬部外品は「穏やかな効果と予防」が目的となり、副作用がほぼないので安心して使用できる面でもメリットがあります。

 

表記がない化粧水は安全性が高い?

何の表記もされていない化粧水は、医薬品や医薬部外品の化粧水とは異なり、配合されている全成分を表記しなければならない決まりがあるので安全性は高いと言えます。

 

また、有効成分の配合量や成分に国から定められた縛りがないのでオリジナルの質の高い化粧水である場合もあります。

 

まとめとあとがき

医薬品と同じ成分により製造された医薬部外品の効き目は一般の化粧水より確かなものです。

 

美白に対して、予防や改善したい目的がはっきりしているのなら薬用の美白化粧水を使うべきと言えそうです。

 

よく一緒に読まれるページ

美白化粧水のおすすめランキング